美容体重 計算

美容体重の計算の仕方

 

「美容体重の計算方法、大公開!」

ダイエットの目標数値となる、理想の体重を美容体重と呼びます。

この美容体重の登場によって、これまで目安となっていた「ボディーマス指数=BMI指数」はすっかり出番がなくなってしまったようです。

ボーディーマス指数とは、肥満度を求める計算式によって4段階に分けて計算された指数ですが、美容に敏感な多くの女性は、もともとこの数値をほとんど参考にしていませんでした。

ボーディーマス数値の計算式は、体重÷(身長×身長)。この計算式で算出された数値ーーボディーマス指数によって、20以下なら「やせている」、24以下で「標準」、26.5以下だと「やや肥満」、そして26.6以上が「肥満」と判断されます。

けれどテレビや雑誌などのメディアで活躍するタレントやモデルは、どんどん細くなっていますよね。

ボディーマス指数で「標準」と診断されても、多くのダイエッターたちは「自分は標準よりも太めである」と判断し、BMI数値は「あてにならない」と思ってしまいます。

そこで現代女性の理想となる体重をもとに、新しく生み出された計算方法が美容体重というわけです。

 

 

けれどボディーマス指数と美容体重は直接的な関係があり、この美容体重はBMI指数が土台となっています。

具体的にはボディーマス指数が「19」に設定されて美容体重の計算式が成り立っています。

では実際にはかってみましょう!

理想の体重=美容体重は「19×身長(m)×身長(m)」です。

「理想の二の腕」は「身長(m)×0.145~0.16」、「理想の太もも」は身長(cm)×0.29~0.31、「理想のふくらはぎ」は 身長(cm)×0.2~0.21、「理想のバスト」は身長(cm)×0.52~0.53、「理想のウエスト」は身長(cm)×0.37~0.39、「理想のヒップ」は身長 (cm)×0.53~0.54です。

 

 

例えば、身長158cm、体重47kgの女性の場合、BMI指数は「18.83」で「やせている」。

理想的な美容体重は「47.4kg」となります。

あまりにも細いと周りからは痛々しいもの。

美容体重に近い数値が出たら、とりあえずダイエットはストップしましょう!